171108_12.jpg 「平成29年度第60回三重県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会」で県知事賞を獲得した上野高校定時制4年のプマチャイ・スミチャンさん(28)が11月8日、同市の岡本栄市長を表敬訪問した。19日に都内で開かれる全国大会に、県代表として出場する。【岡本市長と言葉を交わすプマチャイさん(右)=伊賀市上野丸之で】


 大会は10月28日に津市の県総合文化センター中ホールで開かれ、公立高11校から20人が参加。定時制や通信制高校の生徒が学校生活を通じて学んだことなどを7分間演説する。

 プマチャイさんはペルー出身で、同市役所の市民生活課で通訳の嘱託職員として働いている。今回の大会では4年の高校生活とこれまでの伊賀での暮らし、将来の展望などを「周りにいる先生や仲間たちに支えられてきたこと」が伝わるよう感情を込めて話したという。

 岡本市長から「(受賞した時は)どんな気持ちでしたか」と問いかけられると、プマチャイさんは「賞を取れるとは思っていなかったので、名前を呼ばれてびっくりしました」と話し「全国大会も頑張ってください」と激励されると「頑張ります」と力強く答えた。