名張市議会事務局は9月1日、9月定例会の一般質問に登壇する8人の議員を発表した。一般質問は5日から7日までの3日間。

 日時と通告者、質問の要旨は次の通り(敬称略)。
【5日】
午前10時から
富田真由美=
▼がん対策(乳がん検診の助成対象者の年齢引き下げ、がん患者の就労支援、がん対策推進条例の制定▼外国人に対する救命活動の円滑化(119番通報における多言語通訳)▼小中学校の非構造部材の耐震化(窓ガラスに飛散防止フィルムを)▼小中学校のプログラミング教育(指導内容、IT機器の整備、人員配置)
同11時30分から
吉住美智子=
▼里地里山保全の取り組み(鳥獣被害対策、狩猟免許取得者の育成、地域経済の活性化▼特殊詐欺防止の取り組み▼認知症高齢者の見守り(QRコード付き身元確認シール)▼子どもの貧困と児童虐待の関連性(「地域福祉教育総合支援システム」による支援体制)
午後2時から
豊岡千代子=
▼子ども食堂の今後の課題▼民生委員制度創設100周年▼いじめのない環境づくり
【6日】
午前10時から
福田博行=
▼まちじゅう元気推進施策(イクボス宣言、民間企業と連携、提携した街づくり、市立病院産婦人科設置、名張市手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例のその後)
同11時30分から
田北利治=
▼名張市の農業振興(農業の現状と今後の課題は、今後の農業後継者育成の計画は)▼障害者総合支援法(就労継続支援事業の充実を求める)
午後2時から
川合滋=
▼暮らすまち”名張”に向かって▼国道165号の現状と課題(周辺の県道・市道の整備)▼体育施設及び中央公園等の管理▼小中学校の規模・配置の適正化後期実施計画(案)
【7日】
午前10時から
幸松孝太郎=
▼名張市働き方改革で行政サービスの向上を(名張市働き方改革、テレワーク等の柔軟な働き方)▼市民部の更なる窓口サービスの強化(夜間・土日の窓口サービスの導入でマイナンバーカード交付の拡大、窓口ワンストップサービスで市民サービスの向上)▼名張市の産業の活性化(ものづくり基本条例制定後の進捗状況と名張市産業チャレンジ支援協議会事業、域内循環・域外貨の獲得・域内連携を柱とした産消協働の考え方)▼観光戦略と観光交流(観光戦略の3年間の評価と今後の方向性、観光交流の取り組み(東奈良名張ツーリズム・マーケティングなど)▼名張の学校教育(全国学力テストの結果の分析と今後の取り組み、小中一貫教育とコミュニティ・スクールの進捗状況、次年度からスタートする「ふるさと学習『なばり学』」)
午前11時30分から
山下登=
▼政府関係機関の移転▼財政運営▼議員報酬削減と市長、市議会議員選挙日の統一