170817_11.jpg 伊賀市立上野西小学校5年の廣島あつこさんが8月17日、同市役所を訪れ岡本栄市長に全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会への出場を報告した。大会は22日から26日まで東京都江東区で開かれる。【全国大会に出場する廣島さん(中央)=伊賀市役所で】


 県予選は6月に鈴鹿市内であり、廣島さんは10歳以下の女子50メートル平泳ぎの部に出場し、38秒40で優勝。標準記録38秒81を切り、全国出場を決めた。

 3歳のころに姉の影響で水泳を始めたといい、小学2年から現在も所属するイトマンスイミングスクール名張校(名張市黒田)へ通っている。練習は週5日、1日3から4キロ泳ぐという。廣島さんは「自己ベストを出して決勝へ残り、36秒3を切りたい」と意気込みを話した。

 岡本市長は「全国のさまざまな人と戦う機会はなかなか無い。雰囲気も楽しんできてほしい」と激励した。