伊賀市の災害対策本部は8月7日、土砂災害被害の可能性がある布引地区に出した「避難準備・高齢者等避難開始」の情報提供に対し、2世帯5人が自主避難したと発表した。伊賀地域には午後2時15分現在、台風5号の影響による大雨暴風警報が発令されている。

 市のまとめでは午後2時現在、住民や家屋への被害では、市営住宅(緑ケ丘中町)の1棟が強風で屋根の一部が破損したとの報告があった。
 公共交通機関は、JR関西線の亀山‐加茂間とJR草津線の貴生川‐柘植間が終日運転を見合わせた。近鉄大阪線の大阪上本町‐伊勢中川間で特急の一部が運休した。
 バスは三重交通の伊賀京都高速が三交上野車庫午後4時10分発と京都駅八条口同7時20分発、伊賀大阪高速が三交上野車庫同3時03分発と新大阪駅北口同6時25分発の計4本が運休した。
 主な道路では、新たに国道25号の一ツ家‐亀山間が降雨で通行止めとなっている。
 一方、名張市災害対策本部によると、午後3時30分現在で、住民や家屋への被害や新たな交通障害などの報告は入っていない。