170804_12.jpg 名張市美旗町南西原の美旗市民センターを拠点に活動する音楽サークル「名張アコースティック倶楽部」は、8月6日(日)午後2時から、同センターで毎年恒例となっている「第12回歌声コンサート」を開く。同4時まで。入場無料。


 同サークルは2006年4月に設立。現在は女性5人を含む市内在住者を中心に20代から60代の14人が所属。毎月第2、4土曜の午後7時から約2時間練習に励んでいる。

 奏でるのはアコースティックギターやカホーン、篠笛など。フォークやポピュラーソングが中心で、同コンサートや市民センター祭りでの舞台演奏の他、市内のデイサービスに慰問に訪れることもあるという。

 コンサート当日は、ソロを始め、2、3人のグループや全員で「思い出の渚」「木綿のハンカチーフ」「スタンドバイミー」など約22曲を演奏する予定だ。

 サークル代表の武藤誠介さんは「皆さんがご存知の歌もたくさんあり、プログラムに歌詞も付けています。ぜひ一緒に歌いに来てください」と来場を呼び掛けている。

2017年7月22日704号4面から