170802_6.jpg

 県選抜チーム「三重高虎ガールズ」のメンバーとして軟式野球のNPBガールズトーナメント2017に出場する伊賀市立青山小6年の西村幸呼さん(11)が8月2日、岡本栄市長を表敬訪問した。大会は今月4日から9日まで埼玉県内で開かれ、全国の39チームが出場する。【活躍を誓い岡本市長と握手する西村さん(右)=伊賀市役所で】

 西村さんは普段、父の幸太郎さん(43)が監督を務めるチーム「青山少年野球」に所属。三重高虎ガールズには県内の女子児童16人が選ばれている。
 ポジションは投手で、打順も主軸だといい、大会に向けて「優勝を目指して、いいピッチングをしたい」と抱負を話した。岡本市長は「グラウンドでいろんな友だちに会えるかも。お互いに切磋琢磨して、ぜひ頑張ってきて」と激励した。
 三重高虎ガールズは初日の1回戦でオール奈良と対戦する。