伊賀市消防本部は7月18日、報道機関への情報提供で救急搬送した市内の男性(75)の傷病が病理解剖の結果、熱中症ではなかったと発表した。

 男性は16日午後6時10分ごろ、自宅そばの空き地で倒れているのを近所の人に発見され、市外の医療機関に搬送。男性は約5時間後に死亡が確認された。消防本部によると、男性には大動脈瘤(りゅう)の既往症があった。