170714_11.jpg 伊賀市霧生のメナード青山リゾート内のハーブガーデンで「ラベンダーフェスタ」が7月17日まで開かれている。これまでの来場者は1万人を超え、現在は遅咲きのラベンダー「ラバンジン」が見頃を迎えている。【遅咲きのラベンダーラバンジン=伊賀市霧生で】


 同リゾートのホテル事業部企画室金沢睦季さん(25)によると、今年は1万3千平方メートルの敷地に4万株のラベンダーを栽培。例年に比べ早めの開花だったが、奇麗に咲いたという。

 現在咲いているラバンジンも「天候次第だが、例年通り楽しんでもらえる」と話しており、15日から3日間は収穫祭も開かれる。収穫祭の参加には入園料の他に500円が必要だが、つみ取ったものは自由に持ち帰りが可能。毎年、ポプリやドライフラワーにして楽しむ人が多いという。

170714_11-2.jpg また、ガーデン内では15日から31日までユリフェスタが開かれる。このフェスタは2年目。ユリはザンベジ=写真=1500球とカサブランカ700球を415平方メートルの敷地に栽培。12日現在でザンベジが3分咲き程度となっている。

 金沢さんは「ラベンダーとユリを一緒に楽しめるのは今だけ」と来場を呼び掛けている。

 ハーブガーデンの入場料は大人1000円、小中高生500円。

 問い合わせは同リゾート企画室(0595・54・1326)へ。