名張市議会は6月定例会最終日の27日、約1億円を増額する一般会計補正予算案や、全ての障害者が円滑な意志疎通を図れるよう施策を推進する県内初の「手話その他コミュニケーション手段に関する施策の推進に関する条例」など12議案を可決、承認し閉会した。

 この日新たに上程されたのは農業委員会の委員選任についての1議案。市民からの請願などは無かった。
 開会した9日に採決した3議案を含め、今議会で可決されたのは計15議案となり、一般会計の予算総額は264億4165万円となった。