170620_5.jpg

 伊賀市議会は6月から、議場での一般質問など年4回開かれる定例会本会議と予算常任委員会の録画映像をインターネットで配信を始めた。閲覧が可能になるのは会議翌日から土日祝を除く約10日後で、パソコンやスマートフォンで閲覧できる。

 目的は議会広報の充実で、録画映像のネット配信は活性化推進会議を立ち上げた2014年度から検討を進めてきた。同市では合併する旧上野市時代から地元ケーブルテレビの行政情報チャンネルを通じた本会議の生中継や午後7時からの再放送を実施している。
 2017年度の一般会計当初予算に盛り込まれた議会中継などの放送委託料は約1140万円。録画映像配信業務の委託料は4年で計約197万円。市議会事務局によると、ネットによる録画配信は15年7月1日時点で津市や四日市市、名張市など県内14市のうち9市で既に始めているという。