170614_11.jpg 伊賀市緑ケ丘西町の伊賀白鳳高校で、東海高校総合体育大会などに出場する生徒を激励する壮行式が、6月14日、開かれた。【壮行式で謝辞を述べる弓道部の薮中君(中央)=伊賀市緑ケ丘西町で】


 東海総体に出場するのは陸上部8種目16人、弓道部男女団体で14人。卓球部からは1人が、中部日本卓球選手権大会の切符を手にした。

 式では同校の村田武俊校長が「悔いのないよう戦ってほしい」と激励。生徒会会長の中野海紗斗さん(3年)は「日々の練習で培った力を発揮してほしい」と述べ、全校生徒で校歌を歌った。

 選手を代表して、弓道部の薮中智史君(同)は「ひとつでもいい成績を残したい」と意気込みを語った。