170610_5.jpg

 忍者列車の伊賀鉄道とラベンダーフェスタを開くメナード青山リゾート(伊賀市霧生)が6月9日、「アロマ&フラワートレイン」の運行を開始した。期間はフェスタ最終日の7月17日まで。【乗車と来園を呼び掛けるメナード青山リゾートのスタッフ=伊賀市の上野市車庫で】

 今年で8回目。地域活性化と観光スポットの拠点づくりを目指す2社が相互協力し運行している。青と緑の忍者列車のうち、それぞれ1両はラベンダーのエッセンシャルオイルやビーズで香りを演出し、ジューンブライドにちなんだナチュラルウェディングをイメージしたカラー布やリボンで車内を飾っている。
 10日から発売する香り付きポストカード型の「ラベンダーきっぷ」(縦14・8センチ、横10センチ)は、A券が伊賀神戸駅(同市比土)発、B券が上野市駅(同上野丸之内)発で、ともに大人360円区間行。各200枚限定で、同きっぷ持っている乗客はハーブガーデンの入園料1000円(大人)が半額になる。
 フェスタは10日から。ハーブガーデンは全体が広さ約8万平方メートルで、約3万平方メートルにオカムラサキやラバンジンなどのラベンダー8種類が植えられている。開園時間は午前9時から午後5時(同4時受け付け終了)まで。伊賀神戸駅からは同施設までの予約制の無料送迎バスがある。
 問い合わせは上野市駅(0595・21・3231)、メナード青山リゾート(0595・54・1326)へ。