170528_5.jpg

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一は5月28日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場でジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦し、0‐1で敗れた。10節までの通算成績は1勝2分7敗で、順位から変わらず10チーム中9位。【好判断でコーナーキックのピンチをしのぐくノ一GK井指楓(中央)=伊賀市小田町で】

 くノ一は前半19分にミドルシュートを決められ失点。FW櫨まどかやMF杉田亜未を軸に攻めの形をつくろうとしたが、ジェフの厳しいプレスでプレーが消極的になり、シュートも前半の4本だけにとどまった。
 試合後の記者会見で、野田朱美監督は守備重視から攻撃に軸を置いた戦術に変えて臨んだリーグ前半戦を振り返り「結果が出ず、勝てない試合が続いている。このサッカーでいいのか、選手やクラブと話し合う。自分自身も整理したい」と話した。
次節は約3か月後の開催で、くノ一は8月8日にさいたま市のNACK5スタジアム大宮で最下位のちふれASエルフェン埼玉と対戦。6月4日のリーグ杯は上野運動公園競技場でマイナビベガルタ仙台レディースと対戦する。