170515_1.jpg

 伊賀地域と宇陀市や桜井市などの企業14社が参加した「名張・桜井地域合同就職面接会」が5月15日、名張市鴻之台1番町の市防災センターであり、求職者41人が訪れた。【事業所から説明を受ける求職者=名張市鴻之台1で】

 ハローワーク伊賀とハローワーク桜井の共催で、昨年の桜井市での開催に続き2度目。名張市を始め宇陀市や桜井市は通勤、生活圏が重なっていることから、効果的な求職、求人につなげたいと開いた。
 会場では製造業や介護職などを中心に、伊賀地域から10社、宇陀市と桜井市から4社が出展した。求職者たちは事業所の採用担当者から仕事内容などについて熱心に話を聞いていた。
 転職希望で四日市市から訪れていた男性会社員(22)は「実家の名張から近く、複数の地域の会社に出会えるのがいいと思った。入社後の指導や具体的な話を聞きたい」と話していた。