170510_5.jpg 大規模災害時の地域防災拠点施設として整備された伊賀市下友生の「しらさぎ運動公園」で、5月14日午後1時30分から完成披露会が開かれる。会場では非常備蓄品などの保管状況や炊き出しに活用する「かまどベンチ」、「マンホールトイレ」などの展示がある。参加無料。【完成披露会が開かれるしらさぎ運動公園(伊賀市提供)】

 普段は市民の憩いの場として利用される同公園は2015年6月に屋根付きの多目的グラウンドが完成、今年4月に全面オープンした。広さは既設部分を含め7万9000平方メートルで、総事業費は約18億3000万円。
 敷地内には給水塔や非常用自家発電装置を始め、「里山広場」にかまどベンチ3基を設置。管理棟西側にマンホールトイレ計30基を設けている。
 披露会では自衛隊車両や野営テントの展示もあり、「ターゲットバードゴルフゾーン」では無料体験ができる。
 問い合わせは市都市計画課(0595・43・2314)へ。