170409_5.jpg

 女子サッカー・なでしこリーグカップ1部の第1節2試合が4月9日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場などであり、伊賀FCくノ一はINAC神戸レオネッサに再逆転を許して2‐3で敗れた。【2点目を決めたくノ一MF作間(中央)=伊賀市小田町で】

 試合開始3分で先制を許したくノ一は、相手陣内でパスを奪う形から42分にMF櫨まどか、44分にMF作間琴莉がそれぞれシュートで決めて逆転。1点リードで前半を終えた。
 後半は時間が進むにつれてくノ一の選手の足が止まり、I神戸がボールを支配。29分の直接フリーキックで2‐2の同点とされ、34分に3点目を決められ、今季初勝利を逃した。
 野田朱美監督は記者会見で「逆転するまでは良かった。結果は残念だが、ゴールに向かう仕掛けの部分やアイデアが見えた」と好材料を上げ、課題については「高い位置で守備をするスタイルが研究されている」と次の試合までに対応する考えを示した。
 次の公式戦は16日にあるリーグ3節で、くノ一は千葉県東金市の東金アリーナ陸上競技場でジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦する。