170405_11.jpg

 伊賀市立上野総合市民病院の新駐車場の利用が、4月から始まった。150台分のスペースを設けることで、患者らの利便性を高めた。【利用が始まった新駐車場=伊賀市四十九町で】

 駐車場は、慢性的な駐車場不足を改善するため、病院周辺の土地を所有する全薬工業(本社・東京都文京区)に整地工事を依頼。同病院が既に賃借している第3駐車場(130台)と新設する駐車スペース(150台)の賃借料として同社に月額約60万円を支払うことで、交渉をまとめたという。
 同病院は、昨年度に4病棟体制から5病棟体制になり、入院患者数や外来患者数が増加。平日の午前を中心に満車が常態化し、改善を求める要望も数多く寄せられていた。
 同病院は「これからも患者さんのニーズに応えられるよう、住民参加型病院として住民の方とともにより良い病院を育てていきたい」と話している。