日本相撲協会は2月27日、大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、伊賀市出身で九重部屋所属の千代の国関は前頭六枚目に番付を上げた。

 八枚目で臨んだ初場所は、9勝6敗で二場所ぶりに勝ち越しを飾った。春場所は3月12日に初日を迎える。