伊賀市議会事務局は14日、2月定例会の一般質問通告者を発表した。21人の現職にとっては任期中最後の一般質問で、15人が登壇する。日程は20日から22日の3日間。

 発言者の順番、質問の要旨は次の通り(敬称略)。
【20日=6人】
中井洸一=▼消防行政①新消防庁舎が完成して②消防団組織の体制③消防組織の広域化の進捗は▼公共施設のマネジメント①指定管理者制度におけるリスク分担②公民連携におけるトレンド▼コミュニティ・スクール①外部講師の積極的活用を
前田孝也=▼国道368号拡幅工事①進捗状況と工程②固定資産税③防犯灯の設置④信号機設置の考え方▼伊賀市の賑わい創出①南庁舎の維持管理費と費用対効果②防災減災対策
生中正嗣=▼平成29年度の施政方針に関連して①人口減少に対する施策▼子育て支援基金の利活用
森正敏=▼投票率の向上対策①国政、県政、市政における投票率の推移②投票率を上げるための取り組み③主権者教育▼使用済み小型家電の回収①小型家電リサイクル法②回収方法と回収実績③東京オリンピック、パラリンピックの金メダル作成協力を▼リニア中央新幹線の中間駅、操作場の誘致①近隣市との連携で三重・奈良ルートの早期決定運動を②中間駅、車両操作場を畿央高原へ
森川徹=▼これからの観光▼職員の働き方
安本美栄子=▼人口減少時代のまちづくり①人口流出の原因と抑制策▼上野総合市民病院改革プラン②療養病床のこれから▼郷土愛を育む教育の現状
【21日=6人】
近森正利▼健康な心身を育むスポーツの振興▼防災減災対策▼伊賀市の救急医療
福田香織=▼障がい者福祉①障がい者就労施設等優先調達方針②ショートステイ③虐待防止④勤務先への交通手段▼高齢者福祉①介護職の人材確保②新しい総合事業
福岡正康=▼まち・ひと・しごと創生総合戦略(来たい・住みたい・住み続けたい”伊賀”)で地域から何を発信するのですか
嶋岡壯吉=▼獣害対策▼高齢者が移動するための交通対策▼森林対策について▼町家の保全・活用と空き家対策▼道路橋の補修
百上真奈=▼さらなる子育て支援の充実を①就学援助の入学準備金の引き上げと小学校入学前支給を②学校給食費の無償化を③第2子の保育料の3割軽減をすべての子どもたちに▼水道事業基本計画策定委員の位置づけ▼各地で起こっている林地開発などの問題①住民の不安に対する対応は②太陽光発電等に伴う開発の監視・規制について
田山宏弥=▼「忍者市」宣言と来客の受け入れ体制づくり▼市街地の生活排水処理対策▼都市計画道路「南平野木興線」の早期延伸
【22日=3人】
中谷一彦=▼Uターン就業支援▼伊賀鉄道伊賀線▼健康診断と予防接種▼医療費の窓口無料化
田中覚=▼伊賀市の進化と課題
森岡昭二=▼南庁舎の取り壊し▼中心市街地活性化①都市計画道路の整備②公共下水道の整備▼広報広聴①広報いが市②ケーブルテレビ▼柘植駅の整備①抜本改修とバリアフリー化▼養護老人ホームの現状と入居状況