名張市保育幼稚園室は2月1日、インフルエンザの影響で市内3つの保育施設で学級閉鎖や登園自粛の措置を取ったと発表した。措置期間はいずれも2日から6日までの5日間。

 学級閉鎖の措置を取るのは、名張幼稚園の5歳児1クラス(21人)で、欠席者3人全員がインフルエンザと診断されている。
 登園自粛は比奈知保育園2歳児1クラス(18人)と薦原保育所1・2歳児1クラス(5人)で、比奈知保育園では欠席者2人ともが、薦原保育所では2人中1人がインフルエンザだった。