毎月月初めに名張の地酒で乾杯する「毎月朔日は、名酒で乾杯の日。」が2月1日午後6時から、同市南町の名張産業振興センターアスピアで開かれる。酒の肴に恵方巻きと豆を用意し、一足早い節分気分を地酒と共に楽しむ。

 同市の乾杯条例施行を受けて発足した任意団体「よってだあこ・名酒で乾杯協議会」主催。毎回季節行事や地域の催しに合わせた肴や地酒を用意しており、今回の恵方巻きは市内のすし屋が提供。参加する市内4酒造は、新酒をそろえて参加する。
 参加費1000円で、当日先着50人程度。参加者はぐい飲みを持参する。催しは約1時間。同協議会では地酒の消費拡大につなげる目的で、イベント終了後は各自で居酒屋などへ足を伸ばすよう呼び掛けている。
 問い合わせは、同協議会の福井番頭(090・3939・2688)へ。