名張市の市民公開講座「ばりばり現役プロジェクト がんと心臓病からあなたと家族を守る!」が2月26日午後1時から、同市蔵持町里の市武道交流館いきいきで開かれる。救命のための実技講習、がんや心臓病の治療や予防の講演がある。入場無料。

 テーマは全国、同市ともにがん患者が増えているのを受けて決めた。講習、講演ともに三重大学医学部付属病院とNPO法人みえ循環器・腎疾患ネットワークが講師や指導員として協力する。
 イベントは2部立て。1部の心臓マッサージ講習では、受講者全員が人形を使って手法を学ぶ。講師は同大医学部「きゅうめい部」。プレイベントとして「AED体験」、血圧測定、減塩食やバランス食の試食もある。
 2部の講演会は午後2時から。大腸がん、膵がん、心臓発作について、同大医学部附属病院の専門家医3人が現場の実態や予防法について話す。参加者からの質疑応答の時間も設ける。
 参加には聴講券が必要で、心臓マッサージ講習が60人、講演会は200人の申し込み先着。参加希望者は、参加を希望するコース名(「心臓マッサージ講習会」「講演会」、複数可)と氏名、参加人数、電話番号、住所、年齢、性別、職業、講演会に関する質問を明記し、「NPO法人みえ循環器・腎疾患ネットワーク 市民公開講座『がんと心臓病からあなたと家族を守る!』」宛てに郵送(〒514-8507 津市江戸橋2-174 三重大学大学院循環器・腎臓内科学内)かファクス(059・231・5201)で申し込む。同月20日締め切り。
 問い合わせは同ネットワーク(059・231・5015)へ。