170126_6.jpg

 1月26日午後2時30分ごろ、伊賀市小田町の上野運動公園野球場ライトスタンドに芝生の焼け跡があると、犬の散歩中だった男性から指定管理者を通じて市に連絡があった。市は消防に通報するとともに現場を確認したが、けが人や施設への被害はなかった。【焼け焦げた跡が残る野球場スタントの芝生(伊賀市提供)】

 担当のスポーツ振興課によると、燃え跡はライトスタンドの約4分の1の広さにあたる約290平方メートル。原因は不明で、市は事件性や実質的な損害がないことから警察に被害届を提出しなかった。
 指定管理する伊賀市文化都市協会の職員が巡回を1日に3回、野球場は内野入口からと外周を目視で行っているが、男性からの指摘まで焼け跡に気付かなかった。利用が最後にあったのは今月15日だが、男性は19日か20日に燃え跡を見たと話していたという。
 野球場のグラウンドは普段、鍵で入口を施錠しているが、スタンドには夜間でも出入りできる状態になっている。同課では今後の対応として、指定管理者に施設巡回の強化を指導、伊賀署にもパトロールを要請した。