170107_11.jpg 伊賀市の消防出初式が1月7日、同市ゆめが丘1丁目のゆめドームうえのであった。市内の10分団の消防団員ら約800人が参加した。【分列行進を行う消防団員たち=伊賀市ゆめが丘で】

 式典の冒頭、駐車場で市民が見守る中、岡本栄市長の車両観閲、消防団員らによる分列行進などを行い、防火意識を高めた。
 岡本市長は、整列した団員らの服装を確認する通常点検を行った後「今日で連続焼死者なしが999日を迎える。皆さんの活動の賜物だと感謝申し上げる」と述べ、「私たちのまちは私たちで守るという精神で、今年も活躍してほしい」と訓示した。
 式典後、同市の幼年消防クラブの園児らが「忍ジャーズダンス」を披露。最後に防火の誓いを読み上げた。