170101_10.jpg 伊賀市上野東町の菅原神社で、大晦日の31日夜から1月1日未明にかけて、多くの参拝者が訪れた。【除夜の鐘をつく氏子総代=伊賀市上野東町で】

 1日午前0時、氏子総代らによる除夜の鐘が鳴ると、参拝者は新年の幸を願って次々と拝殿前で手を合わせた。
 境内に設置された高さ約2メートル、幅約3メートルの「大絵馬」には、「今年も良い1年になりますように」「受験に合格しますように」「ご縁がありますように」など、参拝者が新年の願いを書き込んでいた。
 伊賀市上野田端町の大学生、杉本奈穂さん(22)は「今年は就職するので社会人としての自覚を持ち、親孝行もしたいです」と話していた。