三重県名張市の発達障害児の親の会「凸と凹の会」と、放課後等デイサービス「はぴ・ふれ」の共催によるセミナー「発達障害がある?ない?~みんな悩む学校の選び方~」が、12月18、19の両日、同市防災センター(鴻之台1)で開かれる。参加費は500円(2日分の資料代)。

 時間は両日とも午後1時30分から同3時30分まで。講師は同会代表で「はぴ・ふれ」を運営する一般社団法人「楽縁」理事長の村中千倉さん。託児希望者は要相談。

 発達障害と診断された2人の子どもの進路について調べていく中で、「学校からの情報も少なく、自分で調べないと分からないことがたくさんあったので、同じ立場の人に知ってもらいたい」と、今回の講演会を企画した村中さんは「子どもの学校選びに悩んでいる方はぜひ参加して」と呼び掛けている。

 参加希望者は、氏名を明記し、ファクス(0595・48 ・5024)、電子メール(rakuen.kidzuna@gmail.com)で同会へ申し込む。17日締め切り。

 問い合わせは同会(0595・44 ・6485)まで。

2021年12月11日付809号1面から