三重県名張市は11月29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を12月中旬に始めると発表した。2回目の接種完了から原則8か月以上が経過した18歳以上が対象で、医療従事者約2200人から順に実施していく。

 市によると、65歳以上の高齢者は2022年2月から、64歳以下は4月からの予定。接種券は、一部の医療従事者には既に発送が始まっており、その他は接種時期の1か月前に届くよう、順次発送していくという。

 使用するワクチンは当面、薬事承認されているファイザー社製を使用。接種体制は1、2回目と同様、高齢者は個別接種と集団接種の併用、64歳以下は主に集団接種とする予定。

 同市の接種状況は同日正午現在、1回目完了が6万1493人(接種率79・3%)、2回目完了が6万934人(同78・5%)。