【植樹作業への参加を呼び掛ける清水センター長=伊賀市柘植町で】

 三重県伊賀市北東部に位置する霊山(標高766メートル)の中腹を桜やミツマタの花で彩ろうと、地元の柘植地域まちづくり協議会では、まちおこしの一環として「未来の山づくり」事業を今年度から始めた。11月28日には、中腹の約8000平方メートルにミツマタを植樹する予定だ。

 花による景観形成を図るだけでなく、将来的に高級和紙の原材料として知られるミツマタを増やし、柘植の特産品にしていくことも計画しているという。

 同協議会では、植樹作業に参加できるボランティアを募っている。当日午前9時に柘植地区市民センター(柘植町)へ集合後、現地に移動し1時間30分程度作業をする予定。

 同市民センターの清水則雄センター長は「この機会に、地元の皆さんや有志の方々と未来の山づくりを一緒に始めましょう」と参加を呼び掛けた。

 問い合わせは同センター(0595・45・8880)へ。

2021年11月6日付807号10面から