【左・広々としたゆとりのある居室(一例) 右・居室からの景観(一例)】

 今年6月、名張市百合が丘西5番町にサービス付き高齢者向け住宅「百合ヒルズ」がオープンしました。歳を重ねても充実した生活が安心して送れ、安否確認と生活相談が付いた賃貸住宅。その特徴などをセンター長の愛須健生さん、管理者の細田裕子さんに伺いました。〈PR〉

「元気なうちの選択肢に」 将来も安心の「サ高住」 

【スタッフに聞く】

―入居の条件やサービスの内容を教えてください

 愛須さん 概ね60歳以上の方が入居対象です。「賃貸住宅」ですので、買い物や通院で出掛けたり、旅行や趣味を楽しんだりと、生活スタイルは入居者様それぞれの自由です。食事は朝・昼・夕と3食ご用意できますが、外食も自由にできます。スタッフが日々安否確認を行い、緊急時にご家族と連絡がつかない場合の受診付添い等の有償サービスもご用意しています。

左・管理者の細田さん 右・センター長の愛須さん

―「百合ヒルズ」の施設の特徴は?

 細田さん 居室はとてもゆったりと広い造りになっていて、14畳、16畳、22畳の3つの広さから選んで頂けます。各居室にはトイレ、洗面設備があり、エアコン、ベッド、応接セット、カーテンなども備え付けで、ミニキッチンの付いた居室もあります。談話スペースや大勢が集まれる交流施設の他、広大な敷地には、茶室と庭園があり、入居者様同士や地域との交流イベント・年間催事も計画しています。
 また、居室の窓から見える四季折々の風景や鳥のさえずりなど、自然豊かな場所にあることも魅力的です。名張駅などへ向かうバス停(百合が丘西4番町)は目の前で交通の便が良く、名張市立病院も近くにあります。

サービス付き高齢者向け住宅「百合ヒルズ」の紹介動画

 
―将来的に介護が必要になっても大丈夫?

愛須さん 同じ建物内にヘルパーステーションや小規模多機能施設がありますので、介護が必要になったとしても、変わらず暮らして頂けます。それだけでなく、「こもはら福祉会」グループが連携し、運営する他のサービス(居宅支援事業所、デイサービス、グループホーム、特養など)も幅広くご利用頂けるようになっています。

―入居をお考えの方やご家族へ

 細田さん 「元気なうちは自宅で過ごしたい」という思いは当然のことですが、高齢になると足腰が弱くなり転倒や入浴時の事故もよく耳にします。予防として住宅改修などをお考えになる際、バリアフリー構造のサ高住「百合ヒルズ」への住み替えも検討して頂いてはいかがでしょうか。
 元気だけど、ちょっと見守りをして欲しいという方から支援の必要な方まで、安心して生活ができる「百合ヒルズ」へぜひ一度見学にお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

「ここへ来てよかった」私が百合ヒルズを選んだ理由

【入居者インタビュー】

 住み慣れた兵庫県から、娘とその家族が暮らす名張へ。「ここへ来てよかった」と笑顔で語る林幸子さん(81)に、百合ヒルズを選んだ理由や印象を尋ねました。

入居者の林さん。右は交流施設。広いホールはイベントスペースにも

 兵庫県生まれで、結婚してから約60年は神戸市で暮らしてきました。しかし昨年、夫が他界してからは「このまま一人で暮らし続けること」が不安で仕方ありませんでした。そんな時、声を掛けてくれた娘を頼って名張へ移り、新しくここがオープンすることも教えてもらいました。

広い建物と景観美

 内覧会に来てみて、最初に「なんて景色の良いところなの」と感じました。奇麗な住宅地の一角にあって、周りには自然がたくさん。建物や部屋は広々としていて、使い勝手も良く、三度の食事も毎日楽しみです。

 名張に住む娘やその家族と会う回数が増えたことが何よりうれしくて、週末は孫と一緒に買い物に行く楽しみもできました。近くを歩いてみたり、近鉄電車や自然を眺めてみたり、毎日幸せに過ごしています。

人とのつながりがとてもうれしい

 スタッフの皆さんには、時には荷物を持ってもらったり、相談に乗ってもらったり、温かい心遣いを頂いています。週に3日ほどは隣の多機能ホームも利用させてもらい、いろんなことをしていると心が落ち着きます。

 入居してすぐ、隣の部屋の方と話すようになり、時には他愛もないことや身の上の話なども交わしています。こうして周りの方々との優しいつながりが増えていくのは、新しい家族が増えていくようでとてもうれしい気持ちになります。