【啓発ポケットティッシュを配る市視覚障害者協会の会員ら=名張市蔵持町原出で】

 白い杖を手にした視覚障害者への理解や関心を高める「国際白杖(はくじょう)の日」の10月15日、三重県名張市のマックスバリュ名張店(蔵持町原出)前で、市視覚障害者協会員やボランティアら約10人が街頭啓発を実施した。

 白杖を手に点字ブロック上を歩く人の絵や、白杖を意味する「White Cane」の文字などがデザインされた啓発用ポケットティッシュ1000個を用意し、かごやカートに入れて買い物客に配布。目の不自由な人が、安全に外出できるよう支援を呼びかけた。

 昨年は津市で行われていたが、今年は四日市・松阪・名張市が新たに加わり、活動が広がった。同協会によると、市内に住む視覚障害者は約180人。山森克彦会長は「歩道のない道路や駅のホームなど、白杖を持った人が危ない場面だったり、困っていたりした時は、積極的に声を掛けてほしい」と話した。