【募金を呼び掛けるひやわんら=名張市蔵持町原出で】

 赤い羽根共同募金が10月1日、全国で一斉に始まった。三重県名張市では、市共同募金委員会や行政関係者らが市内の商業施設で買い物客に協力を呼び掛けた。マックスバリュ名張店(蔵持町原出)では、同市のご当地キャラクター「ひやわん」らも応援に駆け付けた。

 赤い羽根共同募金は今年で75回目を迎え、2022年3月末まで運動が展開される。同市内では10月中、商業施設など13か所で延べ31回の街頭活動が予定されている。同委員会の古谷久人会長は「この募金は、地域で福祉活動をされている方々の援助に使われる。ぜひ協力をお願いしたい」と話していた。

 昨年度は市内で941万7249円が集まり、県共同募金会に収めた後に配分され、地域の見守り活動などに活用された。