福祉や介護現場の人材不足改善のため、就職氷河期世代の離職者や非正規雇用の人などを対象にした「介護職員初任者研修 就職氷河期世代 全課程通信講座」の受講生を10月8日まで三重県社会福祉協議会が募集している。受講無料だが、テキスト代は自己負担。

 対象は35歳から50歳までの就職氷河期世代で、研修後に福祉や介護職場に就職希望の人。研修では、県社協が送付するテキストなどの資料を各自で学習し、指定する期日までにレポート課題を提出する。テキストでは介護・福祉サービスの理解や医療機関との連携、コミュニケーション技術など10科目を学ぶ。

 研修期間は、11月1日から2022年の2月16日までで、課題提出は期間中に7回ある。

 定員は60人で、応募多数の場合は抽選。申し込みはホームページ(http://jinzai.miewel-1.com/syoninsyahyogaki/)からダウンロードした専用用紙に必要事項を記入し「〒514‐8552津市桜橋2丁目131三重県福祉人材センター」宛てに郵送、または持参する。

 問い合わせは同センター(059・227・5160)まで。

2021年9月11日付803号20面から