【東海大会に出場する選手たち=名張市百合が丘西5で】

 東海中学校総合体育大会へ出場する三重県名張市内の中学校の選手12人を激励する壮行会が8月4日、同市百合が丘西5の市教育センターで開かれた。この日は、出席した男女計10人が学校関係者らを前に決意表明をした。

 東海中学総体は4日から7日に、三重、愛知、岐阜、静岡の各県内で開催。市内では4校から、水泳競技、陸上競技、体操競技、柔道の個人4種目に出場する。

 決意表明では、陸上競技に出場する赤目中3年の松山唯人君が「個人の力を最大限に発揮して優勝を目指します」と話し、体操競技に出場する桔梗が丘中3年の辻岡大歩君は「練習してきたことをすべて出し切るつもりで、精一杯頑張りたい」と意気込んだ。

 西山嘉一教育長は「支えてくれた人たちへの感謝を忘れずに、思い切り力を発揮し、悔いのない戦いをしてください」と激励の言葉を述べた。

 出場種目と選手は次の通り。

【水泳競技=7日、岐阜市】
永田鈴奈さん(名張中3年)、永守杏菜さん(桔梗が丘中2年)、髙見優星君(北中3年)、池田真夢さん(同3年)、町屋敷咲花さん(同2年)

【陸上競技=7日、静岡市】
松山優太君(赤目中3年)、松山唯人君(同3年)、竹下諒君(桔梗が丘中2年)

【体操競技=6、7日、岐阜市】
辻岡大歩君(桔梗が丘中3年)

【柔道=6日、7日、名古屋市】
小川武蔵君(名張中3年)、松本龍牙君(同3年)、石原愛來さん(同2年)