伊賀市と名張市は5月28日、「まん延防止等重点措置」が6月20日まで延長されたことを受けて、「三重とこわか国体」に先駆けたデモンストレーションスポーツ「伊賀琉手裏剣打スポーツ」と「ターゲット・バードゴルフ」の開催を中止すると発表した。

 20日に予定していた伊賀琉手裏剣打スポーツでは、主管団体である伊賀上野観光協会と三重とこわか国体伊賀市実行委員会が協議し、中止を決定。上野公園(伊賀市上野丸之内)の特設会場で県内の選手52人が参加する予定だった。

 6日のターゲット・バードゴルフでは、マツヤマSSKアリーナ(名張市夏見)の常設コースを会場に、選手48人の参加を予定していたが、主催者の名張市実行委員会と三重県ターゲット・バードゴルフ協会が中止を決めた。