四日市市は4月22日、市内で10歳未満の園児から70代までの男女23人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。1日の発表数としては今月10日の22人を上回って過去最多となり、社会福祉法人「聖母の家」が管理する施設が市内8例目・県内61例目のクラスター(感染者集団)に認定された。市内の感染者は延べ574人、県内では同3306人となった。

 発表によると、同施設では19日に職員1人の感染が確認されたため、四日市市保健所で接触者調査を進めたところ、新たに職員2人と幼稚園児、中学生の入所者5人に感染が確認された。

 20代の専門学校生の男性は、濃厚接触者として検査を受け、一度は陰性だったものの、38度台の発熱や、のどの痛み、頭痛などの症状が出たため。2度目の検査を受け、感染が確認された。

 四日市市では4月21日の時点で、155人が入院し、うち1人が重症となっている。