三重県は2月21日、四日市市の40代男性1人を含む県内11人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。このうち10人はクラスター(感染者集団)関連。県内の感染者は延べ2476人になった。

県によると鈴鹿市の80代男性2人は1月22日に33例目にクラスター認定された、鈴鹿中央総合病院の入院患者で、病棟が複数によることや、すでに陰性が確認されていたが、症状が現れたことで再検査を行った結果、1か月近く経った後、陽性と確認。

鳥羽市では介護福祉施設、特別養護老人ホームでのクラスター関連で80代、90代の男女6人の陽性が判明。現在は入院中。

志摩市でも県立志摩病院のクラスター関連で80代(無症状)と90代男性(軽症)の2人が陽性。

県内の重症者は10人となっている。