伊賀署は1月14日、行員らの連携と迅速で適切な対応により詐欺被害を未然に防いだとして百五銀行と関連企業に感謝状を贈った。【詐欺被害を未然に防ぎ表彰された百五銀行上野支店の関係者と金川署長(後列右)=伊賀市上野恵美須町で】

 同署と百五銀行によると、昨年12月21日午前10時30分ごろ、伊賀市内の50代男性が城北出張所(同市小田町)を訪問。ATM機を慌てて操作する男性に女性行員が声を掛け、「様子がおかしい」と同僚女性に相談した。その後、報告を受けた谷ノ上佳史出張所長が警察に連絡し、現金を振り込まないよう説得した。

 しかし、男性はその約1時間後、再び送金を試みようと上野支店(同上野恵美須町)に来店。ATM機の点検でたまたま近くにいた、百五ビジネスサービス上野支社に勤務する男性従業員が同出張所で見かけた男性と同一人物だと気付き、同支店の女性行員に説明。小川真史支店長が同署に連絡した。【表彰状を手にする城北出張所の女性行員=同小田町】

 男性に事情を聴いたところ、送金先が米国だったことやSNSで知り合った女性に40万円を振り込もうとしていたことなどから、同署では「国際ロマンス詐欺」の手口とみている。金川裕之署長は「被害に遭う方は自身でなかなか気付けない。これからも助け合いの精神で一人でも多く救ってください」と感謝を述べた。