名張市は1月7日、子どもの安心安全を守る取り組みに活用する市の「ばりっ子すくすく募金」に30万円を寄付した名張近鉄ガス(桔梗が丘1)に感謝状を贈呈した。【感謝状を受け取る大黒社長(右)=名張市鴻之台1で】

 同社は例年秋に、市内の会場でガス展を開いていたが、今年はコロナ禍で中止に。代わりに初開催したウェブイベント「おうちdeガス展」の中で、サイト閲覧者が1クリックするごとに10円を市に寄付する企画を実施。クリック数に応じて金額を決め、ふるさと納税の制度などを活用して市に寄付した。

 この日、亀井利克市長から感謝状を受け取った大黒賢宏社長は「未来を担う子どものため役立ててほしい」と話していた。