警務課長 前川武司

 警察の仕事をしていますと、さまざまな事件・事故に巻き込まれた被害者やその家族に接する機会が数多くあります。

 被害者らの中には、例えば精神面で「自分が自分でないと感じる」「記憶力、判断力が低下する」「感覚・感情がまひする」といった影響があったり、身体面で「めまい・過呼吸・動悸」「不眠、悪夢」「吐き気・食欲不振」などの困難に直面される方もいます。

 たとえ犯人が検挙されても、残念ながら精神的負担などがすぐに無くなるものではありません。

 警察では、そうした被害者らの負担を減らし、早期に被害の回復ができるよう、「捜査状況などの情報提供」「医療機関への付き添い」「要望に応じたカウンセリング」などを実施している他、重傷病や障害を負った被害者、亡くなられた被害者の遺族に対して給付金を支給する「犯罪被害者等給付金制度」を運用し、被害者らの支援を行っています。

 皆さんの周りにも、犯罪の被害に遭われた方がいらっしゃいませんか。想像してみてください。あなたや、あなたの大切な方が犯罪に巻き込まれてしまったとしたら……。

 犯罪被害者らの心身の傷の回復には、周囲の人々の理解と共感、支持が大切です。警察も含め、社会全体で犯罪被害者を支えていきましょう。

2020年11月21日付784号22面から