四日市市は12月2日、市内に住む20代と50代の会社員男性2人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ163人、県内では同867人となった。

 市によると、20代男性は名古屋市内の不動産業に勤務。11月26日に38、39度台の発熱や鼻汁、鼻閉とのどの痛みが出現し、27日に市内の医療機関を受診。30日には37・3度の微熱があり、別の医療機関を受診し検体を採取。12月1日に解熱し、のどの痛みも無くなったが、検査で陽性が判明した。11月19日から23日に関西方面を訪問し、24日は出勤。通勤時は公共交通機関を利用していた。濃厚接触者は家族3人。

 50代男性は四日市市内の製造業に勤務。11月27日に37・5度の発熱とせき、のどの痛みが出現。翌28日には38・8度に上がり、市内の医療機関を受診。29日に解熱したが、12月1日に市内の別の医療機関を受診し、検査で陽性が判明した。現在は味覚障害と胸部の違和感があるという。11月21日から23日にかけて親族とともに岐阜県へ車で出掛けていた。現時点の濃厚接触者は親族1人で、接触者として会社関係者12人が特定されている。