三重県は11月15日、50代女性教員の新型コロナウイルス感染が12日に判明後、接触者調査を進めていた名張市立桔梗が丘中学校(桔梗が丘7)について、生徒や教員ら学校関係者295人にPCR検査を実施し、294人が陰性、陽性は14日に発表された女子生徒1人のみだったと明らかにした。

 同市では12日午後から15日まで同校の休校措置をとっていたが、検査結果を受け、予定通り16日から学校を再開するとしている。