台風14号の接近で、伊賀市は10月10日未明、三田と府中地区の一部535世帯に警戒レベル4の避難勧告を発令し、開設した避難所3か所のうち2か所に5世帯計6人が一時身を寄せた。被害の報告は土砂災害の発生が2件あり、けが人はなかった。

 避難勧告の発令は大雨警報から約5時間たった午前2時51分。川南地内(島ヶ原地区)で発生した土砂災害は80代女性宅に近接する傾斜地で、女性は市内の高齢者施設に一時避難し、島ヶ原支所を中心に対応している。もう1つは波敷野地内(阿山地区)の民家裏山で法面が崩壊した。崩落は落石防護柵で止まり、阿山支所が対応した。

 名張市では被害の報告はなく、大雨警報の発令を受け、10日は赤目四十八滝の入山を禁止した。