四日市市は10月1日、市内の通所介護施設の利用者と職員(30代から90代)計10人の新型コロナウイルス陽性が判明したと発表した。いずれも9月28日に陽性が確認された50代女性職員の濃厚接触者として検査を受けていた。市ではクラスター(感染者集団)が発生したとみて接触者調査を続けている。県内の感染者は延べ519人。

 発表によると、新たに陽性が判明したのは、宿泊利用者のうち70代から90代の男女計6人と、宿泊を利用しない90代女性1人、30、50、70代の女性職員計3人。いずれも県内の医療機関に入院または入院予定で、発熱やせきなどの症状がある人もいるが、重症者はいないという。この施設では既に、利用者の80代男性1人の陽性が確認されている。