三重県高校野球夏季大会(県高野連主催)の3回戦1試合(7試合は雨天順延)が7月26日行われ、伊賀地域から唯一16強に残った伊賀白鳳は、いなべ総合を相手に終盤まで粘りをみせるも8回に大量点を奪われ、0‐7でコールド負けとなった。【5回裏いなべ総合無死 打者・宮前君の1塁線へのバントが内野安打に(ベースカバーの投手・北澤君)=四日市市羽津の市営霞ケ浦球場で】

 伊賀白鳳は初回、先頭の中森悠斗君(2年)が出塁し一死満塁とするも無得点。その裏は先発の主将・北澤源基君(3年)が満塁のピンチを無失点で切り抜ける。3回に内野ゴロの間に1点を先制されるが、4、5、6回は味方の堅守も光り追加点を許さない。しかし、打線も2回から5回までは走者を出せず、6、7回は2塁へ進めるも得点にはつながらない。逆に7回に追加点を許し、8回は2本の適時打などで差を広げられた。

4回裏 この回2つ目の三振を取った伊賀白鳳・北澤君は気迫のこもった表情

 試合後、北澤君は「(捕手の天津君から)『球が走っているから、どんどん投げてこい』と言われていた。でも終盤はボールに指がかからなかった」、濵地彰彦監督は「キャプテンを中心に粘り強く戦ってくれた。3年生が残してくれたものを1、2年生が新チームにつなげてほしい」と話した。

 この日予定されていた3回戦残り7試合は、雨天のため8月1日に順延となった。

 試合結果・予定などは「伊賀・名張の高校野球応援ブログ」(http://blog.livedoor.jp/iganabari_baseball/)に掲載予定(速報ではありません)