三重県警は、子どもの登下校時の見守りや緊急時の保護などに協力する「子ども安全・安心の店」の認定事業所を募集している。【認定事業所に交付されるのぼりやジャンパー、腕章を紹介する署員=名張警察署で】

 交通事故や犯罪から守る地域のボランティア活動で、2010年から始まった県警の認定制度。月3回以上、見守り活動に参加するのが条件で、事業者には認定証やのぼり旗、腕章、ジャンパーなどが交付される。

 県内の認定数は20年3月末現在、260事業所で、伊賀署、名張署管内とも14の事業所が認定されている。業種は美容室や飲食店、郵便局などさまざまだという。

 問い合わせは伊賀署(0595・21・0110)、名張署(0595・62・0110)の各生活安全課まで。

2020年5月16日付YOU771号15面から