新型コロナウイルス感染拡大防止で学校が臨時休業するなか、小中高の児童生徒たちが会員制交流サイト(SNS)絡みの性犯罪などに巻き込まれないよう、三重県警はホームページ上に設けた被害防止の特設サイトで啓発している。5月6日までは無料通信アプリ「LINE」でリンク付きの広告を配信する。【特設サイトのスマートフォン画面=名張市蔵持町芝出の名張警察署で】

 特設サイトでは、漫画や動画、クイズなどを通じて実例を紹介。コーナーの1つ、「犯罪被害回避チャレンジ」では、会えば金銭をくれるという人とSNSで知り合ったなどの状況を例示し、「あなたならどうする」と2つの選択肢を選ばせ、誤った判断には気付かせる。

 県警少年課によると、LINEを使った配信は、利用傾向から年代と地域を特定し、県内の中高生を対象に表示する仕組み。学校の長期休業に合わせて昨夏から始めたが、今回は学校の新型コロナ対策の休業措置に合わせて急きょ実施することにしたという。小中の児童生徒には、市町の教育委員会を通じて特設サイトの情報を伝えている。

 名張署の景井薫生活安全課長は「例えば子どもがSNSで知り合った相手にだまされ、自分の裸の画像を送ってしまうと、ネット上に公開され一生消せなくなってしまう。正しい知識を持つことが大切」と話している。