名張市平尾に昨年12月に開所した米沢法律事務所。「法律に関することで困っている人の頼れる存在になりたい」と話す、新進気鋭の弁護士だ。

 大阪府高石市出身で、小学生のころ名張市に転居。上野高校卒業後、大阪市立大学法学部に進む。友人に誘われ、司法試験予備校の体験入学に参加したのを機に、法律の専門家を目指す。猛勉強の末、26歳で司法試験にストレート合格した。

 当初は検事になることを考えていたというが、司法修習中に弁護士業に触れ、「困っている人の味方でありたい」と道を決めた。修了試験、弁護士会登録を経て、和歌山県内の法律事務所に就職。6年間勤め、親を安心させたい気持ちと、伊賀地域でのニーズを考え、独立開業を決めた。

 日々の業務と並行し、4月からは弁護士会の委員会活動も始める。「事務所全体で成長し、チームで依頼人の悩みに寄り添っていきたい」と目を輝かせている。

 休日の楽しみは、3歳の息子と過ごすことと、中学から始めたテニス。「子どもが生まれてからは遠のいているが、いずれは親子でプレーを」とほほ笑んだ。

【私のお気に入り】 独立する時に、上司や同僚からサプライズでもらった寄せ書き。「気持ちよく送り出してもらい、感謝の気持ちでいっぱい」

2020年3月14日付 767号 20面から