コーヒーフレッシュなどを製造する食品メーカーのメロディアン(本社・大阪府八尾市)が「伊賀流忍者秘伝スポーツドリンクの素」を開発し、主力工場がある伊賀市で新商品の発表会を開いた。土産店やドラッグストアなど、3月末から全国販売を予定している。【忍者姿の社員とともに新商品をPRする中西社長(中央)=伊賀市役所で】

 同商品は、三重大学国際忍者研究センターの副センター長で人文学部の山田雄司教授が監修。忍者が水分とミネラルを同時に素早く補給できるよう非常食として携帯していたとされる、梅干や氷砂糖などが主原料の「水渇丸」を現代風にアレンジした。グレープフルーツ味で、1個9ミリリットル入りの濃縮液をペットボトルの水に溶かして飲む。

 主にスポーツ愛好者や外国人観光客、忍者ファンらの需要を見込んでおり、年間100万袋の生産を計画している。中西優紀雄社長は「三重工場がある伊賀市には長年お世話になっている。商品を通じて少しでも伊賀忍者のアピールにつながれば」と話した。

 希望小売価格は、ゴム製手裏剣のおまけが付く化粧箱タイプが税別1000円、袋タイプが同200円で、各5個入り。

2020年3月14日付 767号 25面から