新型コロナウイルスの感染拡大を受け、伊賀市立上野総合市民病院(同市四十九町)は感染防止対策強化のため、3月14日から入院患者への面会を原則禁止すると発表した。

 同病院によると、14日以降の面会は、家族へ病状説明がある場合など、主治医の許可がある場合に限られる。面会前に職員が体温を測定し、許可証を交付する手続きが必要になるといい、37・5度以上の熱がある人は面会できない。

 名張市立病院(同市百合が丘西1)では既に同6日から、緊急の場合や、病院・主治医から許可があった場合を除き、同様に面会を原則禁止。民間の岡波総合病院(伊賀市上野桑町)は2月28日から、家族・近親者(子どもを除く)以外の面会を制限している。