新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、伊賀文化産業協会は3月4日から15日まで、伊賀上野城の天守閣(伊賀市上野丸之内)を休館すると発表した。感染拡大の状況次第では期間を延長する場合もあるという。【天守閣の外観=伊賀市上野丸之内】

 同協会によると、市や市観光協会の管理する施設が相次いで休館するなか、従業員や観光客の感染リスクの回避を考え判断。ただし、休館中も公園内は散策できる。

 2019年度の天守閣の入場者数は2月末現在約9万5千人で、休館の影響によって過去最低の入館者数になる可能性があるという。福田和幸専務理事は「今秋の竣成85周年に向けて、4月から随時イベントを企画している。再開した際にはぜひ楽しんでほしい」と話した。

 また、上野公園内の「芭蕉翁記念館」も同日まで休館している。